ホームヴィンテージワインブルゴーニュワインチャートの詳細>1982年サヴィニー・レ・ボーヌ・ルイ・ラトゥール750ml
 1970年代

 1980年代

 1990年代

 2000年代






ヴィンテージワインの楽しみ方
保存の温度は一般的に12度〜15度が良しとされています。しかし、飲むときの適温は、ワインのタイプによって異なります。「赤ワインは常温で飲め」との説がありますが、日本の常温は季節によって大きなバラつきがあるため本来、赤ワインでもライトボディは低め、フルボディは高めの温度がいいとされています。

●当店は未成年者へのお酒の販売は致しません。

優れたブルゴーニュワインをフランス国内だけでなく全世界へ送りだすことに専念しているネゴシアン兼ドメーヌ。
このワインの醸造法は、時代の流れによる変化は基本的にないといっていい。つまり、収穫したぶどう果 は昔ながら枝編みのバスケットに入れて運び込む。赤ワインの醸造は開放式の木の大桶でおこなわれ、浮いてくる果帽を沈める作業は人手でやっている。熟成はオークの新樽を20%使って約18ヵ月。
※ラベルに多少経年の汚れと引っかいたような傷がありますが
 中身の色調は、良好です。

単価 : ¥ 19,008 (税込)

数量:   売り切れました


■買物カゴの中身を確認
「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。