ホームワインヴィンテージワイン>2017年シャトー・ローザン・セグラ
シャトーローザンセグラ シャトーローザンセグラ
 1970年代

 1980年代

 1990年代

 2000年代






ヴィンテージワインの楽しみ方
深みのある色。ワインはブラックカラント、プラム、スパイスのほのかな含みを示し、ノーズはスミレのアクセントを持つ。ミディアム〜フルボディ、フレッシュに熟した果実味のしっかりとした核を持つ。バランスの取れた酸味と余韻の長い後味は、十分な果実味を伴い、若々しいタンニンと釣り合いを取っている。

●当店は未成年者へのお酒の販売は致しません。

シャネルがオーナーのシャトー・ローザン・セグラの歴史は17世紀まで遡る由緒あるシャトー。1855年のメドック・グラーヴ格付けでは、格付け第1級の4シャトー(ラフィット、ラトゥール、マルゴー、オー・ブリオン)そして2級格付けの筆頭シャトー・ムートン・ロートシルトに次ぐ、ワインとして高く評価されていました。

単価 : ¥13,200(税込み)

数量:   残り2本


■買物カゴの中身を確認
シャトーローザンセグラ
シャトー・マルゴーに隣接する50haあまりの畑は、94年にシャネルのヴェルテメール家が購入して以来再生した、気品のあるワイン。
シャトーローザンセグラ
シャトーローザンセグラ
1960年代〜1970年代は所有者が次々と変わり、安定した品質のワインが生み出せませんでしたが、1983年以降状況は一変。この年にシャトーの経営とワイン造りに加わったジャック・テオ氏がセラー、醸造設備、畑とありとあらゆる面においてシャトーの改革を行いました。

さらに1994年にシャネル社がオーナーとなって力を注いだ結果、目覚しい品質の向上がみられ、近年ではスーパ−・セカンドと呼ばれる一流シャトーのひとつに。今ではシャトー・マルゴーに次ぐスーパー・シャトーです。