ホームワインヴィンテージワイン>1983年ドン・ペー・エキス・グラン・レゼルバ・ボデガス・トロ・アルバラ 375ml
  フランス

 イタリア

 スペイン

 ドイツ

 アメリカ

 スパークリング

 チリ








大陸性の乾燥した土地で作られたブドウは糖度が非常に高い状態で収穫され、丹念に麦わらの上に置かれます。約2週間、太陽光の下で干され、さらに糖度を上 昇させます。干しブドウのようになったブドウをプレスにかけ圧搾を行い、発酵が始まると酒精強化を段階的に施し、糖分をワインの中に閉じ込めます。その後 長い熟成の期間を経て瓶詰めされています。シェリー酒。

このワインの素晴らしいアロマの潜在性を感じるのに、グラスを振る必要はありません。煙草、カカオ・クリーム、甘草、ローズマリーのような多様な香りがはっきりと感じられます。黒オリーブ、桃の蜜、アラブのコーヒー、ヴァニラ、シナモンも表れます。エレガントで完成された飲みやすい味わいで、長いフィニッシュに続きます。甘味とほろ苦さのある味わいは、オークから後に焦げた特徴に続いていきます。
ぶどう品種:ペドロ・ヒメネス100%
アルコール度数:17度
容量:375ml

単価 : ¥ 3,542 (税込み)
数量:   売り切れました


■買物カゴの中身を確認
スペイン南部アンダルシア地方のモンティーリャ・モリレスという産地で造られるシェリータイプの極甘口ワインです。シェリーを名乗れるのは、スペイン南西部カディス県の海沿いヘレス・デ・ラ・フロンテーラを中心とする周辺地域で造られた酒精強化ワインのみとなります。
モンティーリャ・モリレスは、その地より北東に少し離れた内陸部にあります。かつてモンティーリャ・モリレスで生産されたワインはヘレス地方を通ってイギリスなどに輸出されており、その際には『シェリー』のラベルで販売されていました。そのためモンティーリャ・モリレスの名は表に出されることはなく、またその後に制定された法律によってヘレス地方への外部からのワイン供給が禁止されたため、モンティーリャ・モリレスは世に認知されることのない産地となってしまいました。しかし近年はその品質の高さが再び脚光を浴び始め、スペイン国内の消費のみならず国外にも盛んに輸出されている産地です。モンティーリャ・モリレスで栽培されるぶどうの90%はペドロ・ヒメネスという白ぶどう品種。非常に糖度の高いぶどうのため、ヘレス地域では甘口シェリーに仕上げられています。ここモンティーリャ・モリレスでも甘口のほか、酒精強化をせずに辛口のフィノタイプやオロロソが造られています。それほどぶどう自身の糖度が高く、アルコール度数も上がりやすい品種というわけです。この甘口ワインはペドロ・ヒメネスを収穫後、ぶどうを麦わらの上に広げ1〜2週間天日で干します。陰干しから造られる甘口ワインの製法は世界各地でもよく見られますが、天日干しは珍しく、そして大変リスクの高い製法と言えます。干したことで水分をとばし、さらに糖度が高まったぶどうを圧搾、発酵が始まるとすぐに酒精強化を始め、非常に高い濃度のワインを造ります。
 
●当店は未成年者へのお酒の販売は致しません。