ホームワインドイツワイン>2003年シャルツホーフベルガー・アウスレーゼ・ビショフリッヒェ・ヴァインギューター・トリアー750ml
エリアサーチ シャルツホーフベルガー シャルツホーフベルガー
 フランス

 イタリア

 スペイン

 ドイツ

 アメリカ

 スパークリング

 その他の国


送料とお支払方法

ワインの特徴
アウスレーゼは収穫時に完熟したぶどうの房を選んで摘み取ります。シュペトレーゼよりも甘さと香りが更に凝縮されたワイン。

アウスレーゼは、発酵を1,000Lのフーダーとステンレスタンクで行い、その後ブレンドすることで複雑さを生みだします。ボトリングを行うまでの数ヶ月、澱とともに寝かせます。このアウスレーゼは良いワインにしか付けられることのないゴールドカプセル(金色のキャップシール)をつけています。香りには熟したグレープフルーツ、オレンジやライムなど柑橘系の果実のニュアンス、ピュアなフーダーの要素、凝縮したミネラルを感じます。
【生産者】ビショフリッヒェ・ヴァインギューター
【ブドウ品種】100%リースリング



単価 : ¥ 5,470 (税込み)

数量:   残り6本


■買物カゴの中身を確認
ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー(トリアー司教の管轄権のワイン醸造所)は、1966年に1世紀以上も続く3つの醸造所が合わさって設立されました。3つの醸造所とは、ビショフリッヒェス・コンヴィクト醸造所(Bischöfliches Konvikt:1840年設立)、ビシェッフリッヒェス・プリスターゼミナール醸造所(Bischöfliches Priesterseminar:1773年設立)、およびホーエ・ドムキルヒェ醸造所(Hohe Domkirche:1851年設立)です。 シャルツホーフベルガー
シャルツホーフベルガー
シャルツホーフベルガー
さらに、2004年には30haの畑を所有するフリードリヒ ヴィルヘルム ギムナジウム醸造所(Friedrich-Wilhelm-Gymnasium)が加わりました。これらの醸造所はモーゼル川、ザール川、ルーヴァー川に沿って現れる、いくつもの銘醸畑を所有しています。リースリングが主役となる葡萄品種で、栽培面積の90%はリースリングです。各畑から葡萄が持ち込まれ、プレスするのはザールにあるシャルツホーフと、ルーヴァーにあるデュースブルガー ホフです。
シュロスヨハニスベルガー・クーベアー 2016年シュロスヨハニスベルガー・シュペトレーゼ750ml 2002年エルデナー・トレプヒェン・シュペトレーゼ・ミューレンホフ750ml 2011年シャトークラーク750ml